FX取引業者の種類

IB系はブローカーが投資家の資産管理から売買を行なわれており、
投資家とブローカーの仲介的な役割をします。

日本ではFXが解禁されたのは1998年で、まだFXは海外が主流なので、
国内では海外の代理店のような立場になっています。

海外の代理店というと、経営管理はどんなものかと少し気になりますが、
実際は毎週CFTCへの報告が義務付けられているので、
取り扱い業者に対して健全な経営を管理しているので安心できます。

しかしながら海外の業者なので、国内では残念なことに
なかなか業者の評判などは伝わりにくい欠点があります。

PRC系は取引会社と投資家が一対一での契約をします。
取引業者自身が投資家の資金管理から売買までを管理。
日本国内の業者になるので利用する側としてはそれだけで安心感もありますが、
手数料などのコストがかさみます。

そのため取引回数が多くなると、利益分に対しての影響が高く出てしまうという欠点があります。

HOME > FX取引業者の種類